看護師

  • 看護師は、やりがいのある仕事だと思います。
    しかし、その仕事の大変さ、不規則で働きづらい労働環境などから、資格を持っていても看護師として働かない者も多いなど看護師不足が問題となっています。
    看護師の仕事は、医師の指示の下、診療の補助したり、入院生活の援助や患者のケアを行います。
    看護師の活躍の場所は、病院だけではありません。
    訪問看護ステーションや老人ホーム、知識や経験を活かして一般企業で働くなどの選択肢もあります。
    一般企業というのは意外かもしれませんが、探せばいろいろとあります。転職サイトなども参考になります。
    看護師の資格は、専門学校や短期大学などで、養成教育を受け、卒業すると看護師の受験資格をとり、その後、国家資格に合格すると取得できます。
    准看護師の場合は、国家資格ではなく知事資格となります。
    准看護師の場合も、養成学校等を卒業するなど受験するには受験資格が必要です。
    看護師(正看護師)と准看護師は、仕事内容は、ほとんど同じです。
    ただし、正看護師は医師の指示のもと看護を行う、准看護師は医師・看護師の指示のもと看護を行うとなっており、昇給や、昇格の面での差があることが多いそうです。
    看護師は、全国的に不足していることもあり、就職率は、ほぼ100%となっています。
    看護師の年収は400-600万円くらいと言われています。
    他に比べて高収入ですが、仕事量の多さ、その専門性、夜勤や残業など労働時間の拘束性を考えると、妥当かどうかわかりません。
    ナースは命を預かる仕事という責任の重さや患者の心や身体のケアを行う大変さがあります。
    また、医療的な専門知識は、日々変わっていきますので最新の知識を習得しなければならなかったり、患者の家族と関わることもありますのでコミュニケーション能力も必要です。
    夜勤など生活が不規則になる労働環境、立ち仕事ですので体力や健康管理もできないといけません。
    緊急時の対応など、冷静な判断と、的確な行動が求められます。
    結婚後は仕事と育児や家庭の両立が厳しかったり、退職者も多いようです。
    とても大変な仕事ですが、看護師や社会から必要とされる仕事であり、人の役に立つ仕事でやりがいのある仕事に魅力を感じ働いている人が多いようです。