キャビンアテンダント

  • キャビンアテンダント(以下CA)は、華やかな女性の職業のイメージがあります。
    美人で気品があり笑顔で優しそうな女性は、子供の目から見ても素敵な職業に映るのでしょう。
    CAの仕事は、お客様へ食事や飲み物の提供などサービスの仕事と荷物の収納やシートベルトの確認、緊急時の対応など客室の安全を守る保安要員としての仕事があります。
    お客様を安全で快適に目的地まで送ることが仕事になります。
    CAになるには、大学卒業後、求人を出している会社に応募します。大学を卒業していなくても、専門学校や短大を卒業していれば、受験可能な会社もあります。
    よく身長制限があると言われますが、それは機内の高いものを取ったり、荷物を収納したりといった作業があるため、ある程度の身長が必要の為であり、支障がなければ、そこまで厳しくない会社もあるようです。
    また、TOEIC600点以上など、語学力も求められます。
    初任給の場合、年収は200万円くらい、30代で年収500万円くらいと言われており、年齢とともに給料は上がる傾向があります。
    以前は、CAといえば、高収入と言われていたのですが、最近は規制緩和により競争が激化し、契約制が導入されるなど、コストカットに励む会社も増えてきており、以前ほど、高収入を保証されてはいません。
    勤務時間はフライトによって左右されます。早朝や深夜から仕事ということもあります。だいたい4日フライトしたら2日は休めるといったところが多いようです。
    生活は不規則になりがちです。各国を移動するので時差や、気圧の変化などにさらされます。
    また、重いものを持ったり、運んだりする仕事です。健康管理や体力管理が必要です。
    様々な土地に行けるので、旅行や買い物が好きな人には魅力な仕事です。
    CAの退職は、寿退社が多いそうです。
    出産では、仕事を離れなければなりませんし、不規則な生活になるため、子育てや家族の為に、仕事を辞める方もいるようです。
    人気の職業ですが、 最近では、コストカットにより高い給料が望めない、慣れてい来るとウエイトレスのような仕事にやりがいがないと感じたり、家庭を持つと続けられないなど、退職後、起業や転職をされる方も多いと聞きます。
    いつも笑顔で仕事をしているので、一見、華やかで明るい職業に見えますが、様々な苦労もあるようです。